2005年11月14日

麻雀発祥の地

学生さんからお誘いを受けて、週末に市内の「天一閣」というところに行ってきました。もともとは明の時代の官吏だった範欽という人の邸宅だったのですが、この人が大変な蔵書家だったそうで、この範欽さんとその子孫が集めに集めた中国の書物が現在まで残されていて、その蔵書を展示してあります。全国でも有名なところらしく、毛沢東・周恩来を始め中国政府の歴代の指導者たちが訪れた様子も写真で紹介されています。メインはこの蔵書展示なのですが、どれもいわゆる「希少本」で、見る人が見れば価値あるものなのでしょうが、正直(^o^)には値打ちがよく分かりません。。。
(^o^)が興味を引かれたのは、同じ施設内にある「麻将起源地陳列館」。麻雀を中国語では「麻将」と書きます。ここ寧波は麻雀発祥の地だそうです。麻雀は中国で発明され、19世紀に欧米に伝わって、その後(中国から直接ではなく)欧米を経由して日本に伝わったとのこと。展示品のメインは世界各地で作られた麻雀牌です。象牙や牛骨・石・竹・木などさまざまな材質のもの、それらを組み合わせたもの。 中でも(^o^)の目を引いたものは、貝殻の内側のきらきらした膜(あれ何ていうんでしょう?)で装飾を施したベトナム製の牌。もったいなくて使えないような工芸品の域に達しています。また欧米で作られたものは、萬子の左肩にアラビア数字、風牌には同じくE・S・W・Nと「振り仮名つき」。なるほど、です。で、写真は館内のオブジェと対戦する「時空超越麻雀」の図。

mahjong.jpg

(^o^)の上家がちょんまげの日本人で、対面が辮髪(べんぱつ)の中国人、下家がヒゲの西洋人です。背景に船が写っていますが、これは漁師が漁の帰りに暇つぶしで麻雀を愛好していたことから、ここに展示されているとのことです。
麻雀の起源が寧波であることの証左として「麻雀に使われている寧波方言」という解説パネルがありました。(中国語・英語のほかに日本語も。日本人観光客も来ているということでしょう) いわく「麻将 もともとは麻雀と書く。(中略)寧波の人は「麻雀」を「麻将」と読み、麻将は寧波の方言による「麻雀」の読み方である」。ふーん。「嵌 [kan]と読み[qian]とは読まない。寧波方言で隙間に差し込むことを「嵌」という」。ふぅーん。。。えー、このブログをご覧になっている「そのスジ」の方、フォローいただけると幸いです。
posted by techa at 23:39| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「麻雀」はやったことないですが、日本での最後の晩餐までお付き合いさせて頂いたイギリス研究の卵といえば、私しかいないでしょう。明石の蛸美味しかったです。
とりあえず、中国無事渡航おめでとうございます。みんなで、いまはきっと渡航ルート間違ってイスタンブールだとか、飛行機が永遠と空中で旋回して降りれないとか勝手な噂がたってました(というかたててました)が、これもひとえに後輩の親愛の情を示す愛情表現だと思ってお許しください。
っというか、やっぱり「夜遊び」なんですね^^;
「お気に入り」に入れときましたよ〜。
Posted by S.O at 2005年11月18日 04:07
S.Oさん、カキコありがとうございます。
そちらで(^o^)に関する流言蜚語もとい「フィクション」が流れているという噂は聞いていましたが・・・「飛んでイスタンブール」、そして文字どおり「機上の人」ですか・・・
TS.RYくんから中国ツアーの案があるとかないとかという話も聞いております。楽しみです。
Posted by techa at 2005年11月18日 18:24
いやいや、中国に着いていたとは。しかも、ブログを開設していたとは。全く知りませんでした。てっきり、未だに機内で酒を飲みすぎて暴れているものだと思ってました。ところで、TS.RYという変わったイニシャルの書き方は、政治学者の彼と「しがない」スペイン語教師の卵(しかもどうやら無精らしい)の二人の名前を表しうるのですが、私はスペイン語の方です。いやー、それにしてもお元気そうでなにより。人前で歌を歌うとか、相変わらず賑わしてますねぇ。これからちょくちょく覗かせてもらいます!
Posted by TS.RY(スペイン語の方) at 2005年11月19日 00:43
スペイン語のTS.RYさん、こんにちは。
上に書いた「TS.RY」は政治学の人ですが。。。まあ「中国ツアー」実現の際には、ぜひお二人とも来て下さいな。
このブログもどうぞご贔屓に。たまーーーーーーーにでもカキコしてもらえると嬉しいです。
(^o^)が寂しがり屋なの知ってるでしょ〜
Posted by techa at 2005年11月19日 01:41
例えば、聴牌して、一萬と三萬の間のニ萬を待っていることを「カンチャン待ち」って言いますが、その語源はそんなところにあったんですね。
Posted by あまちゃん at 2005年11月19日 22:43
そういえばカンチャン・ペンチャンの「チャン」ってどんな字を書くんでしょうね?
「そのスジ」の人、なかなか現れないなぁ。。。
Posted by techa at 2005年11月19日 23:50
遅くなってしまいましたが、ちょっと寧波語の辞書を引いてみました。寧波語では、「麻雀」と「麻将」は同音のようです。「雀」を“ジャン”と読むのは、普通話で言うところの「兒化音」の名残だそうです(寧波語で「兒」は“er”ではなく“n”になります)。

「嵌」は寧波語では“khe”と読みます。普通話でも異読で“khan”が残っています。いま「嵌」は韻尾が鼻音ではないので、もし「嵌」が寧波語由来だとするならば、かなり古い時代の音ということになります。ただ、これを言うのであれば、“khan > khe”という変化を設定し、麻雀用語の「嵌」が変化を起こす前のものであると仮定する必要があります。

もちろん、麻雀を海外(外国人)に伝えた人の方言(寧波とは限らない)では「嵌」を“khan”と読んでいた可能性もあります。

私は音韻は専門外なので、申し訳ありませんが、この程度しか言えません。指導教官の先生なら、もっと詳しく語ってくれると思うのですが・・・。
Posted by a-qiao at 2005年11月21日 20:43
a-qiaoさん、なんだか書き込みを「強要」してしまったみたいで。。。
「この程度しか」なんてとんでもない。ありがとうございます。
「嵌」の異読“khan”は(^o^)でも持ってるS学館やK生館の辞書には台湾の地名「赤嵌」の読みとして載っているだけですね。
そうか、O先生か・・・。まだこのブログのことお知らせしてないんですよねぇ。もっともお知らせしたところで、こういう「俗」なところに書き込みなんてしていただけるかどうか・・・
Posted by techa at 2005年11月22日 00:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。