2005年10月27日

中国建設銀行

*なぜ「今日」この話題か、そのスジの方にはお分かりですよね。ひらめき

(^o^)のお給料は銀行振込です。「当たり前でしょ?」って声も聞こえてきそうですが、それが「当たり前」でもないんです。中国の某有名国立大学に勤めていた(^o^)の友人は、給料日に事務所に出向いて現ナマでもらっていた、と言っていました。まあ、ともあれウチの学校は振込です。
で、その口座が「中国建設銀行」。自分で選んだわけじゃなくて、国際交流部のほうで手配して作ってくれました。学内にある6台のATMのうち5台が建設銀行ですし、裏門を出てすぐの複合施設に建設銀行の出張所が入っていますから、実際いちばん便利です。写真はキャンパス内のATMコーナーと、(^o^)の口座の通帳・キャッシュカードです。

05102701.jpg 05102799.jpg

キャッシュカードは最初からあるわけじゃなくて、通帳と身分証を持って銀行の窓口に行って作ります。日本だと発行に数日かかって書留郵便で自宅に届けられるシステムが普通だと思いますが、中国の場合はいたってシンプル。窓口に行けば5分で作れます。受け取ったカードの暗証番号を初期設定からその場で変更すれば完成です。素晴らしい! ちなみに建設銀行の暗証番号は6桁の数字です。ほかの銀行もそうなのかはよく分かりません。
中国のATMは24時間稼動コンビニが普通で、学内のATMも例外ではありません。時間外手数料なるものも存在しません。「銀聯」というネットワークに加盟している銀行なら他行のATMでも引き出しができますが、その場合は手数料がかかります。前に一度、ものの試しにと思って学内に1台だけある「中国工商銀行」のATMで下ろしてみました。後日、記帳してみると「手続料」として7元も差っ引かれていました。ふらふら 昼メシ代より高い授業料でした。。。
posted by techa at 19:09| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国の某有名国立大学に勤めていた者です(^_^;)。私は個人的には現金でもらったほうがうれしいです。働いたって気がしますし。

私は当時学内の工商銀行に預けていました。市内だと休日でも手数料を取られないのがうれしかったです。こと銀行に関しては中国のほうが便利なような気がします。

でも、ほかの銀行や他省のATMを使うときの手数料は高いですね!私は旅行先の工商銀行でおろしたとき、15元とられました(;_;)。
Posted by a-qiao at 2005年10月27日 21:36
カキコありがとうございます。
ほいっ、やっときましたよーん。(謎笑)
Posted by techa at 2005年10月28日 01:46
はじめましてリョウマ(HN)といいます。
私も黒龍江省で外国人教員をしています。
また顔を出させてもらいますね。では^^
Posted by HN.リョウマ at 2005年10月28日 23:31
リョウマさん、初めまして!
同業者の方ですね。(笑)
中国初心者の(^o^)にいろいろと教えてくださいね。拙いブログですが、どうぞご贔屓に。
Posted by techa at 2005年10月29日 00:38
はじめまして。
僕も中国への赴任を言い渡されました。
情報探していたら、辿りつきました。
以前は北京にいたのですが、なぜかアモイへ。
またチョクチョク見せてもらいます。
Posted by ジェズグ at 2005年10月29日 03:07
ブログ拝見しました。中国生活は(^o^)よりずっと先輩ですね。こちらは「名前負け」のブログですけど・・・どうぞよろしく!
Posted by techa at 2005年10月29日 22:31
“なぜ「今日」この話題か、そのスジの方にはお分かりですよね。”

そのスジの人じゃないんでわかりません。
中国建設銀行が、香港市場に上場したのと何か関係があるんでしょうか?
上場したのはしたけれど、付いた値段が公募価格と同じだったとか。
利●がもしナス●●●●に上場したとして、それだったらどうしましょう。
Posted by あまちゃん at 2005年10月29日 23:03
あまちゃん、いつもこのブログを応援してくれてありがとうございます。見掛け倒しの書き出しで、すみません。。。香港市場上場の日、というそれだけにことです。
Posted by techa at 2005年10月30日 01:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。