2005年10月30日

電動バイク

Web版の読売新聞と朝日新聞でこんな記事こんな記事を見かけました。こういう報道をご覧になると「日本の道交法では公道を走れないような危険な車両が、中国では横行している」といった誤解をする方も中にはいらしゃるんじゃないでしょうか? この車両の「問題」について、記事の趣旨はこうですね。
1.自走できる機能があるため、自転車ではなく「原付」に相当する。
2.だから免許が必要である。
3.しかし方向指示器・尾灯・バックミラー・ナンバープレート(届出)がないので、どっちみち公道は走れない。
では、中国で普及している「電動車」(電動バイクを中国語ではこういいます)を見てください。

bike01.jpg

バックミラー・方向指示器、さらには(後ろからの写真がありませんが)尾灯・ナンバープレートも付いています。このような電動車を「自転車」(免許不要)とするか「バイク」(免許必要)とするかは今のところ省ごとに異なりますが(現在この点は法整備の方向に進んでいます)、少なくとも車両自体に構造的な欠陥や危険があるとはいえません。中国で生産されているこのような「まともな電動車」を輸入すれば、日本でも原付として何の問題もなく走れるはずです。件の業者は構造的に欠陥のある車両をわざわざ作らせたうえ、道交法の認識を誤らせるような宣伝をして販売していたわけですから、非は全面的に日本の業者にあるといえるでしょう。
このような電動車は(^o^)の生活圏でいうとガソリンエンジンのバイクよりもずっと多く走っています。中国はガソリンスタンドがまだまだ少ないですから、家庭でも充電できるこのようなバイクはとっても便利なんですね。仕事量あたりの温室効果ガス排出量はガソリンよりも電気のほうが少ないそうですから、このような電動車、日本でも普及するといいですね音も静かでいいですよー。日本で愛用している方のブログをご紹介しておきます。
posted by techa at 00:38| Comment(7) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。